エコ生活倶楽部 top > リサイクルトナー館 > 資源循環型システム(トナーカートリッジ編)
資源循環型リサイクル社会 ともに推進していきましょう

「安い!」が売りの地球に優しい? リサイクルトナー

リサイクルトナー市場には、「安い!」そして「激安・即納!」などのキャッチフレーズが溢れています。

そもそもリサイクルトナーは、従来のプリンタメーカー製の純正品トナーに比べ格段に低価格だったことから、このようにPRされ始めました。

リサイクルトナーは、本当にリサイクルシステムと呼べるでしょうか。
「リサイクルトナー」=「安いトナー」なのでしょうか。
「リサイクルトナー」=「地球に優しい」と結びつけて良いのでしょうか。

リサイクルトナーの「リサイクル」という名前から、「リサイクル=エコ(エコロジー)」と単純に結びつけられることは、持続可能な資源循環型リサイクル社会の推進には大きな問題点をかかえています。

「安い物を売る」というリサイクル品販売は、「価格」だけが先行してしまい、
トナーに限らず、リサイクル本来の役割である

  • 資源を有効活用すること
  • 物をゴミにせず 再生してまた使用できる状態にすること
  • 日本で昔から大切にしてきた“もったいない”という気持ち
  • 使わなくなった物を 必要な人に譲るという 物を生かすシステム
などからはかけ離れて進んでしまう可能性を秘めています。

トナーカートリッジのリサイクルシステムのスタート地点を考えてみて下さい。
まず「使用済みトナーカートリッジ」の回収から始まるのです。

回収があり、再生させてこそ、リサイクルトナーなのです。

環境に配慮した トナーリサイクルシステム

使用済みトナーカートリッジは
再生可能な「資源」です

ゴミではありません



環境市民団体生まれのエコ生活倶楽部の取り組み

エコ生活倶楽部は、資源循環型リサイクル社会の推進に向けて
日本で初めてリサイクルトナーの「エコ価格」を設定しました。

同じトナーカートリッジを「納品後回収」と「回収後納品」の別価格にすると同時に、
いずれにも使用済みトナーの無料回収を付けて販売しました。

私たちが投じた一石は、最初は誰も気付いてくれないくらいの とても小さなものでした。ですが全国の皆様のご理解を頂く中、順調に回収付きの販売方法を進めていくことが出来ました。
最近ようやく、この方式を取り入れたショップが次第に見受けられます。
エコロジーの輪が広がったのです。とても喜ばしいことと思います。

トナーカートリッジのリサイクルシステムは本来、
空カートリッジの回収がスタート地点です。

エコ生活倶楽部は、持続可能な資源循環型社会へ向けての一環として、
リサイクルトナー産業の健全で 適正な産業化への育成を目指しております。

回収後納品の方式をご希望の場合、
リサイクルトナー産業全体を考え、適正なエコロジー還元として、
回収品を再生させるリターン方式の価格を、値引きという形で推奨させていただいております。


エコロジーの視点

リサイクルトナーとは 名前の通り、使い終わったトナーカートリッジを再生させて販売する物です。

リユース(再利用)に近い性質を持っています。

リサイクルシステムのスタート地点は、使用済みカートリッジの回収から始まります。

↑根本的に違います↓

リサイクルトナーは、プリンタメーカー製の純正トナーに比べると、確かに販売価格は安いです。

しかし、リサイクルトナーは決して「安いトナー」なのではありません。


リサイクルトナーは「安いトナー」ではなく 
使用済みカートリッジも「廃棄物=ゴミ」ではありません。

トナーとしてまだ使えるなら再生利用(リユース)
トナーとしてはもう使えないなら適正処分(再資源化)
されることが大切です。

リサイクルトナーが 単なる安いトナーとしてのイメージで、回収されぬまま廃棄されたり、価格競争のみに陥り劣悪な再生品が流通すると、再生品は市場から信頼されなくなります。

トナーカートリッジは複雑で精密な性質を持っているので、価格競争に勝つことを優先させるなら、“手抜き”再生すれば良いだけなのです。

  • 〔購入様〕 リサイクルトナー = 品質の悪いトナー
  • 〔業  者〕 リサイクルトナー = 面倒な商品

となると、このリサイクルシステムを衰退させます。


プライバシ ーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 | 著作権 知的所有権/リンク/免責 事項に関して
エコ生活倶楽部TOP | お買物案内 | 送料手数料 | サイトマップ | お問合せ | お客様の声受付 | おたより | お店紹介 | コンセプト | アクセス | 広告掲載方針

掲載画像・文章には著作権が設定されています 転載・引用等はできません
Copyright(C)2006-2016 エコ生活倶楽部 All Rights Reserved
Produced by ☜Ecology Navigator☞ 北日商 事株式会社 Hokunichi-shoji Co.,Ltd.